親御さんのその症状、もしかして「てんかん」?

てんかんは子どもの病気、そう思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、年を重ねてから発症するてんかんもあります。高齢者のてんかんでは、ふいに意識を失い、動作を停止する発作がみられることが多く、発作後にしばらくもうろうとした状態が続くこともあります。この様子が認知症の症状と似ているため、てんかんと気付かれにくいことがあります。

認知症ではなく、「てんかん」を疑う症状

  • ふだんは何の支障もなく日常の仕事をこなしている
  • 突然、動作がぴたりと止まり、声をかけても反応しないことがある
  • 無自覚に口元をくちゃくちゃ動かす、身体をゆする、腕を動かすなど  の動きがある
  • 意識を失っても、倒れない
  • 数十秒か数分たつと、何事もなかったかのように動き始める
  • 意識がなかった間のことは何も覚えていない
  • 意識が戻っても数分から数時間、ぼうっとしている
  • 怒りっぽくなり、意味もなく声を荒げることがある
  • 状態の良いときと悪いときがはっきりしている
  • 目の焦点があっていない

久保田有一. 「高齢者てんかん」のすべて. アーク出版. 2017.

親御さんにこのような症状はありませんか?このような症状のときは、「認知症」ではなく、「てんかん」の可能性もあります。

認知症とてんかんの治療は異なります。てんかんはお薬で発作が抑えられる可能性が高く、認知症だろうとひとくくりにされ、見過ごされるのはとてもつらいことです。発作の間は意識がなく、ご本人が症状に気付いていない場合があります。ご家族やまわりの方が、これらの症状に気付くことが、診断や治療にとても大切です。

認知症ではなく、「てんかん」を疑う症状

高齢者てんかんが認知症と間違えられやすい理由

  • 発作中に「てんかんらしい」けいれんが起こりにくい
  • 発作が起きても自覚や記憶がない
  • 発作後にしばらく意識がもうろうとした状態が続き、ぼんやりする
  • 発作中や発作直後には現在の時間や今いる場所がわからなくなる
  • 怒りっぽくなったり攻撃的になるなどの感情障害がある
  • 昔のことはよく覚えているのに、最近の出来事を忘れる記憶障害がある

久保田有一. 「高齢者てんかん」のすべて. アーク出版. 2017.

てんかんの患者さんご自身は、自分が発作を起こしていることがわからない、発作の様子や発作がどのくらい続いたかわからないため、診察時に発作について説明ができず、医師が知りたい情報を得られないことがあります。

高齢者のてんかんでは、適切な治療をすれば発作をコントロールすることができる場合が多いですが、適切な治療を選択するためには、医師が患者さんの様子を詳しく知る必要があります。発作の様子はもちろん、お薬を服用して発作はおさまったのか、気分や体調に変化はないか、副作用はないかなど、ご家族やまわりの方からの情報を医師に伝えることが大切です。

ご家族やまわりの方の情報が大切です
「てんかんかも」と思ったら

かかりつけ医に相談

かかりつけ医がいない場合

脳神経内科・脳神経外科などを受診

関連情報

医師に相談していますか?
症状や気になること

診察前にチェック 診察を受ける際のポイント

キーワードで見る